キャリカレ簿記講座の料金や特徴は?メリット・デメリットや評判も解説

簿記3級の資格取得を検討するとき、どのような学習方法が思い浮かぶでしょうか。

自身でテキストを購入したり、通信教育を使ったりしての独学か、資格スクールに通学するかのパターンを選択することになります。

そんな中で、短期間で簿記3級の資格取得を目指せる通信講座「キャリカレ」はおすすめの講座のひとつです。

しかし、キャリカレについて以下のような疑問をお持ちではないでしょうか。

キャリカレの特徴や料金が知りたい・・。

キャリカレの評判やメリット・デメリットはどう?

キャリカレの簿記講座はどんな人におすすめ?

この記事では、日商簿記の通信講座「キャリカレ」の特徴や評判について解説します。

キャリカレは簿記3級・2級の講座がセットになっており、「諸条件を満たしたうえで1年以内に試験に合格できなければ全額返金無料」という合格保証までついたお得な講座です。

これから簿記3級・2級と段階的にステップアップしていこうと考えている方は、キャリカレを検討してみてください。

また、他社の人気の講座と比較したい場合も、本記事を参考に検討してみましょう。

不合格なら全額返金!

オススメ講座 No.1
  • 資料請求で、簿記3級の講義動画・テキスト/問題集(全700ページ)がもらえる
  • 公認会計士試験の合格者占有率50.9%の大手予備校で安心

▶︎無料の資料請求をする

オススメ講座 No.2
  • 「非常識合格法」で簿記3級の合格範囲だけを効率的に学べる
  • 納得いくまで講師に質問し放題!初学者でも安心

▶︎期間限定の割引チラシをもらう

オススメ講座 No.3
  • 倍速再生の動画で簿記3級をスキマ時間に学べる!
  • 講義に問題集や模試、まとめて3,850円と圧倒的な低価格

▶︎無料で動画講義を体験する

キャリカレの簿記講座はどのような講座?

出典:キャリカレ

キャリカレは日商簿記3級・2級がセットになった資格の通信講座です。

無制限に質問できるサポート体制と、1年に以内に合格できなければ全額返金される合格保証制度がついた、合格に対して徹底的にサポートしてくれる体制が特徴となっています。

ただし、全額返金制度はいくつかの条件を満たす必要があるので、誰もが返金されるわけではないので注意が必要です。

3級・2級の一貫学習により、スムーズにステップアップしやすいという利点があり、最短90日程度での合格が目指せる効率的な学習ができます。

また、利用可能な支払方法が多く、以下の7種類から選択可能。

  • クレジットカード
  • Amazon Pay
  • PayPay
  • コンビニエンスストア
  • ゆうちょ銀行
  • 郵便局 
  • 代金引換

ネットから申し込むと料金が安くなるといったキャンペーンも行われており、多くの人に始めやすいよう工夫されている講座です。

キャリカレの簿記講座のテキストや教材

キャリカレの簿記講座では、以下のようなテキスト・教材を利用して学習を進めていきます。

  • 映像講義
  • 簿記3級テキスト
  • 簿記2級テキスト(商業簿記)
  • 簿記2級テキスト(工業簿記)
  • 簿記問題集
  • 試験対策問題(解答解説付き)

基本的には映像講義を見ながらテキストを解いていく基本的な通信講座の形式です。

章ごとのCASE問題で理解度を確認しながらインプットを行い、問題集や試験対策問題でアウトプットしていきます。

また、テキストはイラストや図解が多用されており、視覚的に分かりやすく頭に入りやすい工夫がされているのが特徴。

映像講義は受講生用のマイページから視聴するWeb配信なので、ネット環境があればパソコン・スマホ・タブレットなど多様なデバイスで学習可能です。

キャリカレの簿記講座の料金や費用

キャリカレの簿記講座の料金や費用

キャリカレの料金47,400円(税込)ですが、ネットからの申し込みで37,400円(税込)になります。

クレジットカードでの分割払いも可能で、24回払いだとネットからの申し込みで月額1,800円(税込)です。

前述の通り、多様な支払方法を選択できる利点があるので、クレジットカードを持っていない人でも支払いがしやすいのが特徴となっています。

料金としては一見高く見えるかもしれませんが、2級までのセット料金と考えれば平均的な金額といえるでしょう。

次項では人気の他社通信講座と料金を比較します。

キャリカレはほかの通信講座と比べて高い?

キャリカレはほかの通信講座と比べて高いのでしょうか。

「クレアール」と「スタディング」という、人気の2社と比較すると下記のようになります。

名称料金(税込)概要
キャリカレ
簿記3級・2級
37,400円
※ネット申込+一括払いの場合
・映像+テキスト
・質問無制限・全額返金保証有
クレアール
2級・3級パック
50,000円
※割引で34,000円程度になることがある
・映像+テキスト
・質問無制限
スタディング
3級・2級セット
19,800円・映像+テキスト
・質問不可
・Web教材有り

金額としてはキャリカレは特別安いわけではありませんが、無制限に質問ができたり、全額返金保証があったりと、サポート体制の厚さが強みとなっています。

資格スクールに通うと、2級・3級のセットで8万円前後することもあるので、それと比べればかなり安くつくでしょう。

ただし、キャリカレは日商簿記の講座は3級・2級のセット講座のみの取り扱いとなります。

3級のみや2級のみの合格を目指す方は、単体で講座を取り扱っている他社を利用するのがおすすめです。

逆に、3級合格後は2級の学習にも取り組みたいと考えている場合は、初めからセットになっているキャリカレを検討してもよいでしょう。

キャリカレで簿記講座を受講する2つのデメリット

キャリカレで簿記講座を受講する2つのデメリット

キャリカレで簿記講座を受講する2つのデメリットについて解説します。

内容は以下の2点です。

  • 添削は郵送が必要なので手間がかかる
  • 2級だけ、3級だけの受講ができない

キャリカレは日商簿記検定に関しては講座が1種類しか無いため、向き不向きがあります。

人によってはデメリットになる部分で、自身の受講目的や学習スタイルによっては合わない可能性があるため、上記のデメリットはしっかりと押さえておくようにしてください。

添削は郵送が必要なので手間がかかる

キャリカレでは、添削指導も行っており、受講生から提出された答案をひとつひとつ手書きで添削してくれます。

分からないところが明確になり、分かりやすく解説されるので便利なサービスですが、答案は郵送なので返信に時間がかかることも。

自身の弱点や勘違いなどを把握しやすいためぜひ利用したいところですが、試験日直前など早めに回答が欲しい状況では注意が必要です。

答案は早めに提出し、余裕を持って添削内容を確認できるようにしてください。

なお、添削問題の提出は学習サポート期間終了日(当日消印有効)までです。

添削問題提出の際に使用する「提出用封筒」や「返送用封筒」の切手については、自身で購入する必要があるので忘れないようにしましょう。

2級だけ、3級だけの受講ができない

キャリカレは前述の通り、提供されている日商簿記講座は「3級・2級のセットパック」のみです。

そのため、3級だけや2級だけの取得を目指している人にはおすすめできません。

単体での資格取得が目的の場合は、他社なら3級のみや2級のみの取り扱いがあるためそちらを利用しましょう。

一方で、3級合格後はそのまま2級の学習に取り掛かる人は多くいます。

3級から2級で一貫して学習することで、ステップアップしやすく解説も頭に入りやすくなるはず。

実務上は2級程度は取得しておいたほうが有効なので、3級で基礎を学び、2級へレベルアップしていきたい人におすすめの講座となっています。

料金面でも、他社においても簿記の3級や2級の講座をそれぞれ単体で受けるより、セットになった講座を受講するほうがコスパが良いのでおすすめです。

キャリカレで簿記講座を受講する4つのメリットや特徴

キャリカレで簿記講座を受講する4つのメリットや特徴

キャリカレで簿記講座を受講する4つのメリットや特徴について解説します。

内容は以下の通りです。

  • 不合格時の全額返金保証制度がある
  • 質問回数が無制限
  • 90日での一発合格が目指せるわかりやすいテキスト
  • 比較的安価でキャンペーンが多い

サポートが手厚いのが特徴なので、確実に合格に向けてステップアップしていきたい人におすすめです。

また、ネットからの入会で割引されるなど、キャンペーンも豊富でお得に利用できる機会があるのも利点となっています。

不合格時の全額返金保証制度がある

キャリカレには、講座を受講したうえで1年以内に合格ができなければ料金が全額返金される制度があります。

実質の合格保証となっているので、本気で合格を目指したい人は始めやすくモチベーションも維持しやすいのがメリットです。

ただし、全額返金制度の利用には、当然ですがいくつもの条件があります。

簿記3級講座の場合、以下のような条件となっています。

【返金申し込み時の提出物】

  • 受験票のコピー
  • 「受講生番号」「全額返金保証希望」を記載したメモ用紙
  • 合否通知書のコピー
  • 教材一式
  • 返金先口座

【返金の条件】

  • 支払いの遅延がないこと
  • 8回分すべての添削問題を終了していること
  • 添削問題の平均得点率が70%以上であること
  • 事前に受験票のコピーを送れること

【期日】

  • 受験した商工会議所の合格発表日から14日以内の消印

特に添削問題の平均得点率が70%以上という点から、ある程度学習して合格の見込みがある方でないと利用できない条件となっています。

それぞれの項目においても諸条件があるので、最新の情報はホームページにて確認してください。

不合格なら全額返金!

質問回数が無制限

キャリカレでは、講座や問題練習などで分からないことがあった場合、回数無制限で質問が可能です。

質問は以下の3通りから行います

  1. 専用の質問用紙で郵送またはFAX
  2. キャリカレホームページ内にある受講生専用質問フォーム
  3. 受講生ページ内から

他社では質問回数に制限があったり、質問自体ができない場合もあるため、サポート体制の厚さがキャリカレのメリットでもあります。

簿記2級は3級よりも難易度が高く、分からないところが出てくる可能性があるため、無制限に質問できるのは嬉しい部分です。

90日での一発合格が目指せるわかりやすいテキスト

キャリカレでは合格に向けて理解しやすいよう、テキストもわかりやすく工夫されています。

イラストや図解を活用し、効率よく知識をインプットできるのが特徴。

また、カリキュラムも3級、2級商業簿記、2級工業簿記と最短で1ヶ月ごとに学習が修了できるように組まれており、試験日程にもよりますが最短90日での合格が目指せます。

ダラダラと長期間学習をしたくないという方や、できるだけ早く資格取得をしたいという方にもおすすめです。

もちろん、必ず90日間で合格しなければならないわけではなく、最長12ヶ月間サポートされるので十分な学習期間が設けられています。

比較的安価でキャンペーンが多い

キャリカレの料金は、資格スクールに通う場合に比べれば比較的安価に利用できるだけでなく、お得なキャンペーンも随時行われています。

LINEのともだち登録で10%OFFクーポンがもらえたり、友達や家族を5名紹介すると1講座無料になったりとさまざまです。

中でも特徴的なのは「2講座目無料サービス」です。

対象の講座に合格すると、さらに別の対象講座から1講座無料で受講が可能になります。

簿記の資格取得後にさらなるステップアップを目指したい方は利用してみましょう。

不合格なら全額返金!

キャリカレ簿記講座の悪い評判

キャリカレ簿記講座の悪い評判

キャリカレ簿記講座の悪い評判について解説します。

どんな通信講座にも悪い評判と良い評判があるので、総合的に判断して受講を検討しましょう。

サイトのUIが使いにくいという声があります。

キャリカレの全額保証はあくまで「本気で取り組んだけど」駄目だった人向けに設計されています。

キャリカレは簿記3級・2級がセットなので、テキストや問題集の量も多めです。

キャリカレの返金保証は、きちんとカリキュラムを進めないと対象にはなりません。

教材が届くのが遅れる場合もあるので、受験の日程が決まっている場合は早めに注文しましょう。

キャリカレ簿記講座の良い評判

キャリカレ簿記講座の良い評判

キャリカレ簿記講座の良い評判についてもご紹介します。

内容の分かりやすさには定評があります。

質問が無制限というのは大きな利点です。

講義を担当する講師の相性は重要な点となってます。

キャリカレは3級から2級へ段階を追ってステップアップできるのが利点。

2講座目無料のキャンペーンを活用すれば、コスパよく資格取得を進められます。

キャリカレ簿記講座はどのような人におすすめ?

キャリカレ簿記講座はどのような人におすすめ?

キャリカレの受講は、以下のような人におすすめです。

  • 3級・2級両方の取得を目指している
  • 受講時にたくさん質問する可能性がある
  • 簿記以外にも取得したい講座がある

キャリカレの日商簿記講座は、3級から2級まで一気通貫で学習できるのが特徴の通信講座です。

そのため、2級まで資格取得したいという人におすすめとなっています。

他にも、無制限の質問回数や2講座目無料のキャンペーンなど、便利かつお得に利用できる体制が利点の講座なので、資格取得を通じて自身の成長を目指す人にも向いています。

全額保証制度など、本気で取り組む人を手厚く支えてくれるので、簿記の資格取得を固く決意しているならぜひ利用を検討しましょう。

キャリカレの簿記講座のよくある疑問

キャリカレの簿記講座のよくある疑問

不合格時の返金までの流れは?

不合格時は、前述の諸条件を基に手続きを進めていきます。

簡単な流れは以下の通りです。

  1. 試験日から5日前までの消印で受験票のコピーを送っておく
  2. メモ用紙などに「返金希望」と書いて必要物を送付
  3. 手続き完了後指定の返金先口座へ返金

教材到着日から1年以内かつ、受験した商工会議所の合格発表日から14日以内の消印で送る必要があります。

条件が細かいので、不安な場合は手続き前にキャリカレのサポートに問い合わせておくとよいでしょう。

キャリカレの簿記講座の合格率は?

キャリカレの簿記講座受講者の合格率は非公表となっています。

全額返金保証があるため、受講する場合は本気で取り組む人が多いと予想され、合格率も高めなのではないでしょうか。

参考までに、簿記3級の合格率は一般的に50%程度で、2級は20%前後といわれています。

キャリカレは簿記3級から2級まで効率よく資格取得をしたい人におすすめ

キャリカレは簿記3級から2級まで効率よく資格取得をしたい人におすすめ

この記事では、簿記通信講座の「キャリカレ」について解説しました。

回数無制限の質問や全額返金保証など、サポート体制に強みを持った通信講座です。

また、簿記3級・2級のセット講座を提供しており、2つの資格取得を目指したい人におすすめとなっています。

最短90日で効率よく合格を目指せるのも利点です。

どこの通信講座を利用しようか迷っている方は、まずはキャリカレ公式ホームページから無料の資料請求を行ってみて下さい。

不合格なら全額返金!

オススメ講座 No.1
  • 資料請求で、簿記3級の講義動画・テキスト/問題集(全700ページ)がもらえる
  • 公認会計士試験の合格者占有率50.9%の大手予備校で安心

▶︎無料の資料請求をする

オススメ講座 No.2
  • 「非常識合格法」で簿記3級の合格範囲だけを効率的に学べる
  • 納得いくまで講師に質問し放題!初学者でも安心

▶︎期間限定の割引チラシをもらう

オススメ講座 No.3
  • 倍速再生の動画で簿記3級をスキマ時間に学べる!
  • 講義に問題集や模試、まとめて3,850円と圧倒的な低価格

▶︎無料で動画講義を体験する

ABOUT US
アバター画像
簿記パス編集部
簿記パスは、簿記検定の合格を目指す人に役立つ生の情報をお届けするメディアです。簿記検定の合格者による一次情報や、信頼できるデータをもとにしたコンテンツを提供することで、みなさんの合格の一助になることを目指しています。運営母体:合同会社エキセント