公認会計士の独学が無理である理由とは?合格のために何から始めるべきか

公認会計士の独学が無理である理由とは?合格のために何から始めるべきか

もしあなたが公認会計士の資格を独学で目指していて、「公認会計士 独学」と検索して心配しているなら、この記事が役立つはずです。

大学生や社会人として忙しい毎日を送る中で、公認会計士試験の勉強のために予備校に通うことは、確かに困難に思えるかもしれません。

しかし、実際のところ公認会計士試験を独学で突破することは現実的ではありません

この記事では、独学で公認会計士の資格を目指す方々が直面する課題と解決策を詳しく解説し、あなたの勉強計画に役立つ情報を提供します。

会計士オススメ講座 No.1
  • 2023年は786名の合格者を輩出
  • 合格者に占めるCPA受講生は50.9%と圧倒的
  • 効率性をとことん重視した教材と講義で短期合格を目指せる

▶︎無料で資料請求する

会計士オススメ講座 No.2
  • 独自の非常識合格法で時短学習できるオンライン講座
  • 通学型予備校よりも安いのに万全のサポート体制

▶︎無料の資料請求をする

会計士オススメ講座 No.3
  • 業界初!合格者数1万人突破の定番予備校
  • 全国に校舎を展開しており、サポートや講師陣も充実

▶︎無料で資料請求する

公認会計士に独学で合格するのは無理?可能?

公認会計士に独学で合格するのは無理?可能?

結論からお伝えすると、実際の合格率や学習範囲の広さ、難易度を考慮すると、不可能です。

公認会計士試験の合格率は年によって異なりますが、一般的には10%から20%の範囲で推移しています。

この合格率は試験の難易度が高いことを示しており、多くの受験生が専門の予備校に通うことを選択する理由の一つとなっています。

公認会計士の合格率

公認会計士の合格率

公認会計士試験の合格率が低いため、独学での合格は非常に困難です。

より効果的な準備のために専門の指導を受けることをお勧めします。

以下の表は、短答式試験と論文式試験それぞれの合格率を示しています。

短答式試験の受験者18,228人
短答式試験の合格者2,103人
短答式試験の合格率11.5%
短答式試験の受験者4,192人
論文式試験の合格者1,544人
論文式試験の合格率36.8%
全体の合格率7.6%
参考元:令和5年公認会計士試験の合格発表の概要について

論文式試験の合格率は3割前後とそこまで低くはないものの、短答式試験の合格率は11%と低く、全体では7.6%しか受かりません。

医師や法曹と並ぶ、三大国家資格だけあって、独学で太刀打ちできると考えるのは、舐めていると言えるレベルです。

公認会計士試験に独学で合格するのは難しい

公認会計士試験は、その広範囲な試験範囲と高い知識レベルが、独学での合格を一層困難にしています

試験科目は会計学から法律まで多岐にわたり、それぞれ深い理解と広い知識が求められます。

さらに、長期間にわたる学習プロセスを独力で維持することは、モチベーションの低下を招きやすく、これが独学者にとって大きな障壁となります。

効率的な学習方法と定期的な目標設定が、この挑戦を乗り越える鍵です。

なお、公認会計士の予備校は全国でも7つほど、大手に限ると3つしかありません。

それぞれの予備校の料金やコース内容については、以下の記事で徹底的に比較しているので、あわせてご参照ください。

公認会計士の予備校を徹底比較!おすすめ7校の講座ランキング – (eccent.co.jp)

それでも公認会計士を独学で勉強するメリット

それでも公認会計士を独学で勉強するメリット

ここまで、公認会計士を独学して合格するのは絶望的とお伝えしてきましたが、独学で勉強することにもメリットは一応あります。

まず、大きな利点として費用の節約が挙げられます。

専門学校や予備校の授業料はトータルで数十万円はかかるため、大幅なコストカットが可能です。

また、自分のペースで学習を進めることができるため、仕事や個人的な生活とのバランスを取りながら、無理なく勉強を続けることができます。

具体的には、予備校のコースでは、合格まで2〜4年ほどかけるのが多いですが、10年かけてじっくり勉強していきたいという場合は、独学のほうが良いかもしれません。

さらに、もし試験に合格できなかった場合でも、他人に知られることなく挑戦できるため、心理的なプレッシャーが少ないのも独学の魅力です。

とはいえ、過度な節約をして独学で時間を無駄にするのは正直馬鹿らしいとも言えます。

本気で公認会計士になることを目指すなら、最初から予備校に通うべきです。

そうでないなら、独学もせずに、他の資格を目指すことをおすすめします。

なお、こちらの記事では、公認会計士予備校の料金相場や、予備校を選ぶ際のポイント、費用を抑える方法などを詳しく解説しています。

公認会計士予備校の費用はいくら?料金相場や安くする方法も!

公認会計士の予備校費用はいくら?料金相場や安くする方法も解説

公認会計士を独学で勉強するデメリット

公認会計士を独学で勉強するデメリット

前述しましたが、改めて、公認会計士を独学で勉強する場合のデメリットをおまとめします。

最も大きな課題の一つは、適切な情報収集の難しさです。

公認会計士試験のカリキュラムや試験内容は頻繁に更新されるため、これらの変更を自分で追いかける必要があります。

さらに、最新の試験対策や効果的な学習方法がわからないことも、独学の大きな障壁となり得ます。

また、モチベーションの維持も独学では大きな挑戦です。

長期間にわたる一人での勉強は、孤独を感じさせ、時には学習意欲の低下につながります。

これらの問題を解決するためには、自己管理能力を高め、自ら積極的に情報を収集する姿勢が求められます。

公認会計士を独学で合格するには何から始める?全体像をご紹介

公認会計士を独学で合格するには何から始める?全体像をご紹介

ここからは、独学のデメリットを踏まえたうえで、どうしても独学から初めてみたいという方向けに、合格までの全体像をお伝えします。

公認会計士試験の独学合格への道は計画的なアプローチから始まります。

まず、全体の学習計画を立てることが重要です。

試験科目の理解とその範囲を確認し、各科目に必要な学習時間とリソースを割り当てます。

高品質な参考書や過去問題集の選定が次に来ます。

独学では最新情報の取得が課題となるため、最新の試験情報と勉強法について定期的に確認することも不可欠です。

これにより、効率的かつ効果的に公認会計士試験に挑む準備が整います。

効果的な学習スケジュールを立てる

効率的な学習スケジュールは、公認会計士試験の独学において成功への鍵となります。

まず、各科目の学習内容を理解し、それぞれに優先順位をつけて時間を割り当てることが重要です。

具体的な学習計画には、週ごとの目標を設定し、それに従って日々の学習時間を分割します。

このプロセスでは、定期的な見直しが不可欠であり、学習の進捗状況をチェックしながら必要に応じてスケジュールを変更する柔軟性が求められます。

効率的に学習リソースを利用し、継続的に自己評価を行うことで、独学でも確実に学習成果を上げることが可能です。

このアプローチにより、公認会計士試験の厳しい挑戦を乗り越えるための確固たる基盤を築くことができます。

テキストや教材、問題集を用意する

公認会計士試験の独学には適切な教材の選択が欠かせません。

市場には多種多様なテキストや問題集が存在しますが、特に有益なものを選ぶことが重要です。

例えば、「公認会計士スーパーテキストシリーズ」や「公認会計士TAC出版問題集」は、試験内容を網羅的にカバーしており、独学者にとって理想的な選択肢です。

これらの教材は、Amazonで簡単に購入可能です。

具体的には、以下のリンクからアクセスできます:

これらのテキストは、独学での学習をサポートするために、詳細な解説と多数の練習問題を提供しています。

学習の進行に合わせて、これらの教材を活用することで、公認会計士試験の準備を効率的に進めることができます。

模擬試験を受ける

模擬試験の活用は、公認会計士試験の独学において極めて効果的です。

これらの試験を通じて、実際の試験環境を模倣し、試験時間の管理や問題解決のスピードを鍛えることができます。

また、自分の弱点を特定し、それに対する具体的な対策を立てることが可能になります。

具体的には、過去問題集やオンラインの模擬試験を利用して、実際の試験形式に慣れることが重要です。

例えば、TACの公式サイトでは、公認会計士試験のための独学向け模擬試験が提供されています。

これらの試験を定期的に受けることで、試験日に向けての準備を整えることができ、自信を持って本番に臨むことが可能です。

模擬試験を活用することで、学習の進捗を確認し、必要な修正を加えることができます。

モチベーションを保つ

独学で公認会計士試験の準備を進める中で、モチベーションを保つことは重要です。

効果的な方法として、自分自身に具体的な目標を設定し、小さな達成ごとに自分を褒めることが重要です。

また、学習の進捗を可視化するために進捗表を作成し、達成度を確認することで、継続的な動機付けを促進します。

さらに、友人や家族からのサポートを求めることも、長期的なモチベーションの維持に役立ちます。

彼らと定期的に進捗を共有することで、責任感を持って学習を続けることができます。

これらの戦略を組み合わせることで、独学の道のりを乗り越え、目標の達成が可能になります。

受験に必要な情報を収集する

公認会計士試験の独学において、受験に必要な情報を正確に収集することは極めて重要です。

最新の試験情報、試験内容の変更、合格基準の更新などを把握することで、学習計画を適切に調整し、無駄なく効率的に試験準備を進めることが可能になります。

本来は予備校に通って情報収集するのがベストですが、独学の場合は、ご自分で、日本公認会計士協のwebサイトを確認したり、受験生のブログやX、合格者経験談を活用する形になるでしょう。

これらの情報源から、試験の形式、必要な学習資料、効果的な学習方法など、実際の試験で求められる知識とスキルに対する深い理解を得ることができます。

継続的に最新情報を追いかけ、定期的に学習計画を見直すことで、独学でも少しでも合格できる確率をあげましょう。

公認会計士は独学よりもCPA会計学院がおすすめである理由

公認会計士は独学よりもCPA会計学院がおすすめである理由

ここまで独学のやり方について説明してきましたが、正直独学のみで合格をするのは現実的ではありません。

独学にこだわるよりも、デメリットが少ない予備校を選ぶ方が賢いです。

具体的には、3大予備校のうちのひとつ、CPA会計学院がおすすめです。

CPA会計学院は、効率的に学べるように工夫された教材を提供し、受験生が試験内容を深く理解できるように設計されています。

また、合格実績が豊富であり、実績のあるカリキュラムがそれを証明しています。

さらに、常駐する「公認会計士試験チューター」が質問に応じて個別のサポートを提供し、受験生の疑問を即座に解消します。

これにより、学習の不明点をその場でクリアにでき、効率的に知識を定着させることが可能です。

さらに、多忙な社会人や学生でも学びやすいよう、様々なライフスタイルに合わせた学習方法を選択できる点も、CPA会計学院の大きな利点です。

これらの特徴により、CPA会計学院は公認会計士試験の準備において、独学よりも効果的で確実な選択となります。

▶︎無料でCPA会計学院の資料請求をする

公認会計士に独学で合格することを目指す場合のよくある疑問

公認会計士に独学で合格することを目指す場合のよくある疑問

社会人か大学生かで独学の注意点は変わる?

社会人と大学生では、公認会計士の独学で直面する課題が異なります。

特に社会人は日々の業務に追われる中で勉強時間を見つけることが難しく、途中で挫折するリスクが高まります。

これに対し、大学生は比較的時間が柔軟で、授業や課題の合間に勉強時間を設けやすいですが、自己管理が鍵となります。

独学を成功させるためには、社会人は限られた時間を最大限に活用するための短期集中的な学習方法を、大学生は長期的なスケジュール管理と目標設定をしっかり行うことが重要です。

どちらの立場も、計画的にアプローチし、継続的なモチベーションを保つ工夫が必要です。

公認会計士で必要な勉強時間はどれくらい?合格まで何年かかる?

公認会計士試験の準備に必要な勉強時間はかなりの長期間に及ぶことが多いです。

一般的に、合格に必要な勉強時間は約1,800時間から3,500時間程度とされています。

ただ、個人の学習効率や事前の知識、勉強方法によって異なります。

また、社会人が合格するまでにかかる時間は平均で約2年ほどですが、これはあくまで上手くいった場合の目安です。

効率的な学習スケジュールと適切な教材の活用が合格へのスピードを左右します。

大手予備校の提供する教材やカリキュラムを利用することで、これらの時間を最大限に活用し、学習の効率を高めることが可能です。

さらに、これらの予備校は合格実績も豊富で、試験対策が充実しているため、独学に比べて合格への近道となるでしょう。

公認会計士を独学で学ぶのは難しい!予備校がおすすめ

公認会計士を独学で学ぶのは難しい!予備校がおすすめ

公認会計士試験の独学は、その広範な範囲と高い要求レベルから、非常に困難が伴います。

このため、より体系的な学習が可能な予備校の利用が推奨されます。

特にCPA会計学院では、専門的な教材と経験豊富な講師によるサポートが提供され、受験生が必要とする知識とスキルを効率的に学べます。

CPA会計学院では、個々のニーズに応じたカリキュラムが設計されており、公認会計士試験の合格に向けた最適な学習環境が整っています。

独学の限界を感じたら、ぜひCPA会計学院の資料請求をしてみてくださいね。

▶︎無料でCPA会計学院の資料請求をする

会計士オススメ講座 No.1
  • 2023年は786名の合格者を輩出
  • 合格者に占めるCPA受講生は50.9%と圧倒的
  • 効率性をとことん重視した教材と講義で短期合格を目指せる

▶︎無料で資料請求する

会計士オススメ講座 No.2
  • 独自の非常識合格法で時短学習できるオンライン講座
  • 通学型予備校よりも安いのに万全のサポート体制

▶︎無料の資料請求をする

会計士オススメ講座 No.3
  • 業界初!合格者数1万人突破の定番予備校
  • 全国に校舎を展開しており、サポートや講師陣も充実

▶︎無料で資料請求する

ABOUT US
アバター画像
株式会社エキセント編集担当
会計道場は、公認会計士や税理士、USCPA、簿記などの合格を目指す人に役立つ生の情報をお届けするメディアです。合格者による一次情報や、信頼できるデータをもとにしたコンテンツを提供することで、みなさんの合格の一助になることを目指しています。