フラワーアレンジメントの資格は仕事に役立つ?職業や働き方もご紹介します

フラワーアレンジメント関連の仕事をしてみたいな

フラワーアレンジメントの資格を取ったら、どんな働き方ができるんだろう?

上記のように、フラワーアレンジメントの仕事をしてみたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

でも、資格を取得したらどんな仕事ができるのかと疑問を持つ方も多いはずです。

そこで、今回はフラワーアレンジメントの資格を活用してできる仕事をご紹介します。

趣味の範囲内でいいと考えていた方も、仕事に生かすことが可能になるかもしれませんので参考にしてみて下さいね!

お花のオススメ通信講座 No.1
  • フラワーデザイン・アレンジメント講座の資料を一括請求できる!
  • 全国の通学・通信講座情報を67,000件以上掲載

▶︎無料でフラワーデザイン講座の資料をもらう

お花のオススメ通信講座 No.2
  • ガーデニングやお花の基礎知識をスマホで学べる!
  • 初回980円で40種類以上から好きな資格を受講可能

▶︎公式サイトを確認する

お花のオススメ通信講座 No.3
  • 自宅でフラワーアレンジメントの基礎や作り方が学べる!
  • 最短2ヶ月でフラワーアレンジメントの資格を取得可能

▶︎公式サイトで受講を申し込む

フラワーアレンジメントを使った仕事や職業

フラワーアレンジメントを使った仕事や職業

フラワーアレンジメントを使った仕事や職業は、おもに以下のような種類があります。

  • フラワーアレンジメントデザイナー
  • ブライダルでのフラワーコーディネーター
  • フラワーアレンジメント教室の講師

どの仕事や職業も、お花を扱う仕事に変わりはありません。

ただ、働く場所やお花の使い方のほか、向いている人にも少し違いがあります。

1つずつ具体的に解説していきますので、参考にしてみて下さいね!

フラワーアレンジメントデザイナー

フラワーアレンジメントデザイナーとは、お花を使った装飾や演出を提供する仕事です。

具体的には、以下のような仕事内容が挙げられます。

  • 結婚式場の装飾や花嫁のブーケ作成
  • ホテルやレストランなどの装飾
  • テレビスタジオの装飾
  • 雑誌の撮影時の背景などの装飾

フラワーアレンジメントの仕事の中でも、特に幅広い分野や場所で活躍できる働き方です。

依頼主の予算や好み、目的に合わせてフラワーデザインを考えるため、独自のセンスも必要になります。

また、依頼主によっては生花だけでなくドライフラワーやプリザーブドフラワーを希望する場合もあります。

そのため、様々なお花の知識や扱い方のスキルも求められ、状況によって臨機応変な提案をする判断力も必要です。

さらに、フラワーデザイナーは依頼主と話し合いをする場面も多いため、接客のスキルも重要です。

接客経験がある方や、人と関わることが好きな方にとっては最適な職種と言えます。

フラワーデザイナー

ブライダルでのフラワーコーディネーター

先にご紹介したフラワーデザイナーもブライダル関連のフラワーアレンジメントをする場合があります。

一方で、ブライダル専門のフラワーコーディネーターとして働く方法もあります。

結婚式を挙げる場合は、式のプランを一緒に考えてくれるウェディングプランナーがいるもの。

一方で、お花に関するプランに関しては専門のフラワーコーディネーターが存在します。

著者も自分自身の結婚式を挙げた際に、お花の装飾全体に関することはフラワーコーディネーターの方にバトンタッチして細かく希望を聞かれた経験があります。

著者がフラワーコーディネーターの方におまかせした内容は、おもに以下の通りです。

  • 新郎新婦のブーケやブートニア、コサージュ作成
  • チャペルの祭壇・チェアフラワーの装飾
  • 披露宴会場の高砂席の装花
  • ゲストテーブルの装花
  • ウェルカムスペースの装花
  • 司会者席の装花
  • マイク・ケーキナイフの装花

会場はもちろん、新婦のドレスの色やデザインに合わせてフラワーコーディネートする必要があるため、ファッションやヘアメイクが好きな方は楽しめる職業でしょう。

著者は和装をした際に造花の髪飾りを使用しましたが、生花を希望する新婦もいます。

ヘアードやカチューシャ、コームに使用するお花の提案をする場合もあります。

一生に一度の結婚式でのフラワーコーディネートは、思い出に残るものです。

新郎・新婦の依頼通りにコーディネートができると感謝されることも多く、やりがいのある仕事です。

一方、事前に打ち合わせをすることが必要なので、人とコミュニケーションを取るスキルも必要な職業と言えます。

フラワーアレンジメント教室の講師

フラワーアレンジメント教室の講師は、その名の通り生徒さんにフラワーアレンジメントを教える仕事です。

先にご紹介したフラワーアレンジメントデザイナーやフラワーコーディネーターは、お花の装飾を提供するアーティスト的な部分が多かったため、講師は感覚が異なる仕事と言えます。

フラワーアレンジメントの講師としては、おもに以下の3つの働き方があります。

  • 自宅でフラワーアレンジメント教室を開く
  • 事務所やスタジオを借りて教室を開く
  • カルチャーセンターなどで働く

自宅でフラワーアレンジメントの仕事をしたいという憧れがある方にとっては、理想的な働き方と言えますよね。

人に物事を教えることが好きな方には、特に向いている仕事と言えます。

ただ、いきなり自宅やスタジオで教室を開くのは難易度が高いもの。

まずは、カルチャーセンターのアシスタントから始めてみるのもオススメです。

フラワーアレンジメントの講師として働くためには、花材の仕入から経営管理まで考える必要があります。

また、自分1人で教室を運営するのかアシスタントを雇うのかなど働き方は幅広くあります。

フラワーアレンジメント教室の講師として働く場合は、資格を取得していた方が信頼度も高まるのでオススメです。

また、突発的なワークショップなどで行政や各種団体、町内会などから依頼がある場合もあるでしょう。

イベントの企画をして楽しむのが好きな方にも向いている働き方と言えます。

フラワーアレンジメントを仕事にする方法

フラワーアレンジメントを仕事にする方法

フラワーアレンジメントを使ってできる仕事や働き方をわかって頂けたと思います。

では、具体的にはどのように仕事を見つければいいのでしょうか。

そこで、フラワーアレンジメントを仕事にする方法を解説していきます。

具体的な方法としては、以下の2つです。

  • 資格を取って知識や技術を身につける
  • 実際に応募して働いてみる

1つずつ詳しく解説していきますので、参考にしてみて下さいね!

資格を取って知識や技術を身につける

フラワーアレンジメントの仕事は資格が必須ではないため、チャレンジしやすいのが魅力のひとつです。

とは言え、お花の知識やフラワーアレンジメントの技術が全く無くてもチャレンジできるのかというと、それはさすがに難しいもの。

当然ながら、資格や経験がない人よりは知識が豊富な人にフラワーアレンジメントを依頼したいと思うはずですよね。

不安になってしまう依頼主や生徒さんもいるかもしれません。

資格を取得している方が依頼主や生徒さんからの信頼度も上がります。

まずは、フラワーアレンジメントの知識やスキルを身に付けながら資格取得の勉強をしてみることをオススメします。

フラワーアレンジメントの仕事に資格は必須ではないものの、持っていると役立つ資格が多いということを頭に入れておきましょう。

実際に応募して働いてみる

資格を取得する前に、フラワーアレンジメントの仕事に応募して働いてみるという方法もあります。

実は、お花を扱う仕事の求人が多く、おもに以下のような仕事内容があります。

  • お花屋さん
  • 結婚式場
  • 葬儀場
  • ホームセンターの園芸コーナー
  • 花市場での出荷作業や仕分け作業
  • フラワーアレンジメント教室のアシスタント

他にも、ホテルやレストランでのイベントのお花の装飾や、母の日のフラワーギフトセット制作など、単発や短期のアルバイトもあります。

現在、働いているのであれば、アルバイトなど副業からチャレンジしてみるのもオススメ。

資格取得のために勉強するのも大切ですが、実際の現場でお花を扱うのは貴重な経験となるはずです。

フラワーアレンジメントの仕事と言っても、働く場所によって環境は異なります。

実際に働いてみることは、向き不向きを確認できるオススメの方法です。

フラワーアレンジメントを使った仕事に就くのに資格が役に立つ場面

フラワーアレンジメントを使った仕事に就くのに資格が役に立つ場面

フラワーアレンジメントの仕事は資格取得ではありません。

ただ、フラワーアレンジメントを使った仕事で資格を取得していれば、信頼度が上がります。

他にも、役立つ場面があるのが魅力的です。

おもに、以下の3つのポイントがあります。

  • 採用面接時のスキルや意欲の証明
  • 資格取得時に学んだ知識や技術の活用
  • 開業時のお客さんの集客や信頼性アップ

1つずつ解説していきますので、参考にしてみて下さいね!

採用面接時のスキルや意欲の証明

フラワーアレンジメントの資格を持っていれば、応募時の履歴書に資格を記載することが可能です。

さらに、採用面接時にはフラワーアレンジメントのスキルや意欲の証明ができます。

フラワーアレンジメントの仕事をするために、独学でもスクールでも資格取得のための勉強をしていたと証明できれば、魅力的なポイントになりますよね。

受けたいと思っている職種に合わせて資格を選ぶのもポイントです。

資格取得時に学んだ知識や技術の活用

資格取得のための学び方は、おもに以下の3つの方法があります。

  • 専門学校やスクールで学ぶ
  • 通信講座で学ぶ
  • 独学で学ぶ

資格の種類によってはスクールや認定校に通う必要がありますが、基本的には自分に合った学び方を選べます。

どの方法であっても、資格取得時に学んだ知識や技術は自分にとって大きな自信に繋がるはずです。

開業時のお客さんの集客や信頼性アップ

お花屋さんを開く目標があったり、フラワーアレンジメント教室の講師を目指している場合には、資格を取得していることは大きなポイントです。

どんな職業にも共通することではありますが、専門の分野の資格を多く持っているほど信頼度は増すはずです。

フラワーアレンジメントの仕事においても、開業時にお客さんの集客や信頼性がアップしますよね。

開業時にサイトやSNSでPRする際にも、資格の有無の明記があればさらにアピールポイントに繋がりそうですよね。

お客さんの立場になって考えてみると、資格の有無は重要なポイントになると分かります。

フラワーアレンジメントを仕事にするための資格の選び方

フラワーアレンジメントを仕事にするための資格の選び方

フラワーアレンジメントの仕事をするうえで、資格を取得している方がメリットが多いことが分かりました。

でも、フラワーアレンジメントの資格はどんな風に選べばいいの?

といった疑問も出てきますよね。

実は、フラワーアレンジメントの資格には多くの種類があり、受験資格や難易度も異なります。

初心者が難易度の高い資格にいきなり挑戦してしまうと挫折してしまうかもしれません。

ここで、以下のように初心者と経験者それぞれオススメの資格の選び方をご紹介します。

  • 初心者の場合
  • 経験者の場合

自分の経験値に合わせて参考にしてみて下さいね!

初心者の場合

お花が好きだから、フラワーアレンジメントの勉強をしてみたい

フラワーアレンジメントの経験はないけれど、少し勉強してみたい

上記のように、ただお花が好きという場合でも、フラワーアレンジメントの資格取得を目指すのはオススメです。

趣味の範囲内だった場合でも、資格の勉強をするうちに仕事にしてみたいと思うこともあるはずです。

本当に全く知識や経験がなく、勉強する時間もないという場合は通信講座を利用してみるのもオススメ。

スクールや教室に通うとなると身構えてしまいますが、通信講座であれば気軽に自分のペースで勉強ができます。

通信講座での資格取得の方法も、ぜひ視野に入れてみて下さいね!

経験者の場合

お花屋さんやブライダル業界で働いていて、お花を扱う機会が多い場合は初心者とは経験値が異なりますよね。

フラワーアレンジメントに関する知識や技術がある程度身に付いているはずなので、資格の取得に対するハードルも低いと言えるでしょう。

そのため、経験者の場合でフラワーアレンジメントの仕事をしたいと考えている方は、何の職業に就きたいか具体的に考えてみるのもオススメ。

自分の目指す方向性を明確にすることで、取得するべき資格を選びやすくなりますよ。

フラワーアレンジメントのオススメの資格

フラワーアレンジメントのオススメの資格

ここで、フラワーアレンジメントの仕事をするためにオススメの資格をご紹介します。

今回は、以下の資格をご紹介します。

  • フラワーアレンジメントデザイナー資格
  • フラワーデザイナー資格(NFD資格)
  • フラワー装飾技能士
  • 運転免許

1つずつ解説しますので、参考にしてみて下さいね!

フラワーアレンジメントデザイナー資格

フラワーアレンジメントデザイナー資格は、日本デザインプランナー協会(JDP)が認定している資格です。

  • 日常のインテリア
  • テーブルコーディネート
  • 式典やイベントの装飾

上記のスキルや知識を持っていることが認められます。

難易度は低めで初心者でもチャレンジしやすいので、フラワーアレンジメントを仕事にしたいと考えたら、まずは取得しておきたい資格のひとつです。

初心者の場合、スクールや教室に通わないと難しいイメージがありますが、最近では通信講座を利用して資格の勉強をするのがオススメ。

特に、SARAスクールの通信講座なら、フラワーアレンジメントの基礎から応用までを短期間で学ぶことが可能です。

ぜひ一度サイトをチェックしてみて下さいね!

在宅でフラワーアレンジメント

最短2ヶ月で資格取得!

フラワーデザイナー資格(NFD資格)

フラワーデザイナー資格(NFD資格)
出典:公益社団法人日本フラワーデザイナー協会

フラワーデザイナー資格は、公益社団法人日本フラワーデザイナー協会が認定している資格で、NFD資格とも呼ばれています。

1級から3級まであり、段階的に受験することが定められているのが特徴です。

まず3級を取得してNFDに入会することで会員として登録されます。

1級に合格後は、講師資格を取得することも可能です。

NFDの会員であることを証明できれば、依頼者や生徒さんからの信頼感が高まります。

フラワーアレンジメントの講師を目指している方は、取得しておくと有利になる資格と言えます。

NFD資格

フラワー装飾技能士

フラワー装飾技能士
出典:フラワー装飾技能士

フラワー装飾技能士は、お花の資格の中で唯一の国家資格です。

1級から3級まであり、1級に合格すると厚生労働大臣から認定される信頼度の高い資格です。

ブライダル業界やお花屋さんで働いているなど、ある程度知識のある方がスキルアップを目的に取得する資格でもあります。

難易度もやや高い資格のため、お花の扱い方や高度な技術を持っていると証明できます。

フラワーアレンジメントの仕事をしたいと考えている場合には、ぜひチャレンジしたい資格でしょう。

フラワー装飾技能士

普通自動車免許

お花に関する資格ではありませんが、運転免許も役立つ資格のひとつです。

フラワーアレンジメントの仕事は、お花の知識や扱い方の技術が求められます。

一方で、お花屋さんや市場から花材を仕入て持ち帰る際や、材料の持ち運びなど重労働が多いもの。

電車やバス、タクシーでの移動でもできないことはないですが、手間もお金も発生してしまいます。

車で花材や材料の持ち運びができれば、かなり負担が減り時間の有効活用ができます。

そのため、運転免許は持っておいた方が役に立つでしょう。

運転免許を持っていない方は、免許取得も視野に入れておくと安心ですよ。

フラワーアレンジメントの資格があれば必ず仕事に有利になる!

フラワーアレンジメントの資格があれば必ず仕事に有利になる!

今回は、フラワーアレンジメントの仕事をしたいと考えている方のために、オススメの資格や役立て方を詳しく解説してきました。

趣味の延長としてフラワーアレンジメントの資格取得を考えていた方も、資格を活用して仕事に活かしてみてはいかがでしょうか。

また、先にご紹介したSARAスクールなら、短期間なうえに丁寧な添削で効率的に資格取得することが可能です。

フラワーアレンジメントを使って仕事に活かしたいと考えている方は、ぜひ参考にしてみて下さいね!

在宅でフラワーアレンジメント

最短2ヶ月で資格取得!

お花のオススメ通信講座 No.1
  • フラワーデザイン・アレンジメント講座の資料を一括請求できる!
  • 全国の通学・通信講座情報を67,000件以上掲載

▶︎無料でフラワーデザイン講座の資料をもらう

お花のオススメ通信講座 No.2
  • ガーデニングやお花の基礎知識をスマホで学べる!
  • 初回980円で40種類以上から好きな資格を受講可能

▶︎公式サイトを確認する

お花のオススメ通信講座 No.3
  • 自宅でフラワーアレンジメントの基礎や作り方が学べる!
  • 最短2ヶ月でフラワーアレンジメントの資格を取得可能

▶︎公式サイトで受講を申し込む