フラワーデザイナーになるには?なり方や方法、資格をご紹介

フラワーデザイナーになるには

フラワーデザイナーになりたいけど、未経験でもなれるのかな?

フラワーデザイナーになるための資格ってあるの?

フラワーデザイナーになる方法を知りたい。

こういった疑問に答えます。

お花屋さんのスタッフやイベント会社のプランナー、もしくはウェディングプランナーとして、活躍するフラワーデザイナー。

お客さんに合わせてフラワーアレンジメントをつくったり、お花の装飾を施したりと、憧れの職業ですよね。

そのようなフラワーデザイナーになるための方法を紹介します。

この記事を読めば、今からでもフラワーデザイナーになることは現実的なのか、また、なるとしたら何から始めれば良いのかが理解できるようになります。

お花のオススメ通信講座 No.1
  • フラワーデザイン・アレンジメント講座の資料を一括請求できる!
  • 全国の通学・通信講座情報を67,000件以上掲載

▶︎無料でフラワーデザイン講座の資料をもらう

お花のオススメ通信講座 No.2
  • ガーデニングやお花の基礎知識をスマホで学べる!
  • 初回980円で40種類以上から好きな資格を受講可能

▶︎公式サイトを確認する

お花のオススメ通信講座 No.3
  • 自宅でフラワーアレンジメントの基礎や作り方が学べる!
  • 最短2ヶ月でフラワーアレンジメントの資格を取得可能

▶︎公式サイトで受講を申し込む

未経験からフラワーデザイナーになれる?

未経験からフラワーデザイナーになれる?

そもそも、実務や専門学校での教育などを経ずに、未経験からフラワーデザイナーになることはできるのでしょうか?

結論から言うと、未経験でもフラワーデザイナーになることは可能です。

フラワーデザイナーは、国家資格による独占業務が定められているわけでもないので、未経験採用の求人情報もあります。

ただ、フラワーデザイナーは求人数自体が少なく、実務の経験者や専門教育を受けている人のほうが採用されやすいです。

また、未経験で採用されて、いきなりフラワーデザインの仕事を任されるというよりも、まずは補助から入り、教育期間を数年経験することが多いでしょう。

ここで、厚生労働省が出しているデータから、フラワーデザイナーに未経験でなれるのかをみていきましょう。

上記は、フラワーデザイナーとして実際に働いている人が考える「フラワーデザイナーとして今の仕事に就く前に必要な実務経験の期間」を表しています。

これを見ると、「実務経験はとくに必要ない」と考えている人が全体の48%にのぼることがわかります。

このデータからも未経験でもフラワーデザイナーになることは可能と言えますね。

フラワーデザイナーになるのに資格は必要?

フラワーデザイナーになるのに資格は必要?

フラワーデザイナーになるのに特別な資格は必要なのでしょうか?

結論、資格は必須ではありません。

なぜなら、フラワーデザイナーとして仕事をするための独占業務が定められた国家資格などはないからです。

もちろん、資格があったほうがフラワーデザイナーとして採用される際に優遇はされます。

有利な資格については後述しますが、資格がなくとも未経験でも働けるチャンスがあるのがフラワーデザイナーです。

フラワーデザイナーになる方法

では、フラワーデザイナーになる方法や手順をみていきましょう。

下記は、厚生労働省のサイトで公開している、フラワーデザイナーになる人の一般的なキャリアパスです。

上記によると、フラワーデザイナーのなり方は大きく2パターンあります。

ひとつが、大学や専門学校でフラワーデザインや園芸などを学んでからお花屋さんなどに就職するパターン。

もう一方が、直接未経験で就職するパターンです。

上記の表では未経験就職の場合は、高卒の人が対象になっているように、若いほうが未経験採用は有利に働きます。

現在、社会人でフラワーデザイナーになりたいという場合は、専門学校などで専門技術を学ぶ形で示されています。

ただ、専門学校に今から通うというのが難しいと言う人も多いと思います。

そういった方は、働きながら資格をとって、知識を身につけ、転職するというのもひとつの手段です。

フラワーデザイナーになるためにあると有利なお花の資格

フラワーデザイナーになるためにあると有利なお花の資格

では、フラワーデザイナーになるために持っていると有利な資格を紹介します。

お花の資格というと、多種多様な民間資格があるのですが、フラワーデザイナーになるために有利で有名な資格というと下記がおすすめです。

  • フラワー装飾技能士
  • フラワーデザイナー資格検定(NFD資格)
  • フラワーアレンジメントデザイナー資格

順にみていきましょう。

フラワー装飾技能士

まず、お花の資格で唯一の国家資格である、フラワー装飾技能士です。

フラワー装飾技能士は筆記試験に加えて、フラワーアレンジメントをつくる実技もみられる試験で、その難易度はお花の資格のなかでは圧倒的。

知名度も抜群なので、持っていれば優遇されることは間違いなしです。

ただ、完全未経験者がゼロから習得するにはかなり時間がかかります。

国家資格の勉強に時間をかけるよりも、お花の仕事をしながら資格習得を目指す人が多いです。

参考:フラワー装飾技能士

フラワーデザイナー資格検定(NFD資格)

つぎに、フラワーデザイナー資格検定、いわゆるNFD資格と呼ばれる資格です。

その名前のとおり、フラワーデザイナーになるにはぴったりの資格。

1967年からある資格で、お花の民間資格のなかでは知名度は抜群に高いです。

ただ、習得するには認定校に通学し、決められた単位を習得する必要があり、お金と時間がかかる資格です。

20万円前後の出費と、半年から1年ほどの時間は見積もる必要があります。

NFD資格

フラワーアレンジメントデザイナー資格

日本デザインプランナー協会(JDP)のフラワーアレンジメントデザイナー資格も、フラワーデザイナーになるための資格としておすすめです。

これまで紹介してきた資格と比べると、難易度は低めで、取得費用や準備期間も短く済む資格です。

内容としては、フラワーアレンジメントに特化して、フラワーデザインの基礎を習得した証明になります。

そもそもフラワーデザイナーは半数の実務経験者が、未経験からでも就けると言っている職。

難関資格を持っていること自体はあまり評価されないため、それよりも最低限の基礎知識だけ習得し、早いうちに実際に働き始めたほうがトータルで見て、フラワーデザイナーとしてのスキルが早く身に付きます。

そういった意味でも、フラワーアレンジメントデザイナー資格はおすすめです。

認定校であるSARAスクールでは、通信講座で習得できるコースも用意されているので、一度確認してみてくださいね。

在宅でフラワーアレンジメント

最短2ヶ月で資格取得!

フラワーアレンジメント資格検定SARAスクール

まとめ:フラワーデザイナーは未経験からでもなれる

フラワーデザイナーになる方法や、あると有利な資格などを紹介してきました。

フラワーデザイナーは未経験からでもなれますが、最低限のフラワーデザインの知識や技術を身につけておくと、仕事をしてから焦りませんし、採用にも有利です。

憧れのフラワーデザイナーに興味がある人は、まずは勉強から始めてみてはいかがでしょうか。

お花のオススメ通信講座 No.1
  • フラワーデザイン・アレンジメント講座の資料を一括請求できる!
  • 全国の通学・通信講座情報を67,000件以上掲載

▶︎無料でフラワーデザイン講座の資料をもらう

お花のオススメ通信講座 No.2
  • ガーデニングやお花の基礎知識をスマホで学べる!
  • 初回980円で40種類以上から好きな資格を受講可能

▶︎公式サイトを確認する

お花のオススメ通信講座 No.3
  • 自宅でフラワーアレンジメントの基礎や作り方が学べる!
  • 最短2ヶ月でフラワーアレンジメントの資格を取得可能

▶︎公式サイトで受講を申し込む