お花屋さんの種類が知りたい!目的別にオススメの購入場所もご紹介します

自宅に飾るためや家族や友人へのプレゼントとして、お花を買いたいと思う方は多いですよね。

一方で、お花を初めて買う方は、以下のような疑問があるのではないでしょうか?

お花が買えるお花屋さんには、どんな種類があるの?

お花屋さんでお花を買ってみたいけれど、買ったことがないから買い方が分からない

お花屋さんて街中にある個人店のイメージだけど、他にも種類はあるのかな?

お花を初めて買う場合は、お花屋さんに入ることを考えるだけでも緊張してしまいますよね。

でも、事前にお花屋さんの種類や選び方を知っておけば、不安に感じることはありません。

今回は、お花を買ったことがないという方のために、お花を買える場所や選び方のポイントを解説していきます。

お花を買う目的に合わせてお花屋さんの種類を選ぶことで、よりスムーズな買い方ができますよ。

ぜひ、参考にしてみて下さいね!

オススメのお花の定期便 No.1
  • 【全国対応】産地から2日で届く新鮮なお花を3コースから選べる
  • 月698円の低価格!「hanataku087」コード入力でさらに2割引き

▶︎公式サイトで届くお花を見てみる

オススメのお花の定期便 No.2
  • 【全国対応】花瓶いらずでそのまま飾れる唯一の定期便
  • 花農家の摘みたてのお花をアレンジメントにしてお届け

▶︎公式サイトで届くお花を見てみる

オススメのお花の定期便 No.3
  • 【全国対応】旬のお花が月825円で届く!
  • テレビCMも放映!10万世帯突破の定番サービス

▶︎公式サイトで届くお花を見てみる

お花屋さんの7つの種類をご紹介

お花屋さんの7つの種類をご紹介

お花を買う場所というと、街中のお花屋さんのイメージが強いかもしれません。

実は、お花屋さんの種類はたくさんあります。

お花屋さんのおもな種類は、以下の7つです。

  • 街中にある個人経営の花屋
  • 駅チカに多い全国チェーンの花屋
  • 園芸店
  • スーパーマーケット
  • 花市場
  • 農産物直売所や道の駅
  • オンラインフラワーショップ

それぞれの種類に特徴があります。

1つずつ詳しく解説していきますので、参考にしてみて下さいね!

街中にある個人経営の花屋

街中にある個人経営のお花屋さんは、一般的なお花屋さんとしてのイメージが特に強いかもしれません。

親子や夫婦など、家族経営をしていることも多くアットホームな雰囲気が感じられるのも特徴的です。

以下のように、自宅用でもプレゼント用でも目的に合わせたものがほぼ揃います。

  • 切り花
  • 観葉植物
  • 花束
  • フラワーアレンジメント

一方で、初めてお花屋さんに入る場合は、個人経営のお店には入りづらい、または一度入ると出づらい場合もあるかもしれません。

値段や雰囲気も、店内に入ってみないとわからないというデメリットもあります。

お店の外にフラワーアレンジメントや観葉植物が展示されていることも多いので、通りがかりに雰囲気を見たりしてみるのもオススメ。

また、お花屋さんによってはSNSで情報発信している場合もあります。

お花屋さんのInstagramやTwitterがあれば、店員さんやラインナップの雰囲気を事前にチェックしてみるのもオススメですよ。

駅チカに多い全国チェーンの花屋

駅チカに多い全国チェーンのお花屋さんは、通勤や買い物などで駅に行く機会が多い方なら見かけたことがありますよね。

全国各地の駅チカに展開しているお花屋さんとしては、とくに青山フラワーマーケット有名です。

ドアがなくオープンな状態になっていることが多いため、初心者でも来店ハードルはかなり低めです。

人通りも多いので、店内にフラッと入って短時間で出たとしても全く気にすることはないですよ。

改札近くにお店があることも多いので、待ち合わせや時間潰しに覗いてみるのもオススメ。

駅構内の指定場所で受け渡しが可能な店舗もあるので、事前に予約をして受け取りだけできるのも嬉しいポイント。

オシャレな園芸雑貨も一緒に購入できることも多いですよ。

通勤や外出で交通機関を使うことが多い場合は、ぜひ駅チカのお花屋さんもチェックしてみて下さいね!

園芸店

先にご紹介した街中や駅チカのお花屋さんは、おもに切り花や観葉植物、フラワーアレンジメントを取り扱うことが多いです。

一方、園芸店ではお花はもちろん、苗や肥料、土など、園芸全般に関する商品をより幅広く扱っています。

お花屋さんと似ている園芸店ですが、細かい部分が異なります。

たとえば、お花屋さんでは切り花が売られていることが多く、お部屋の中で花瓶に飾る切り花や、プレゼント用のフラワーアレンジメントに最適です。

一方で、園芸店はお庭やベランダでガーデニングを楽しみたいという方向けと考えてもいいかもしれません。

園芸店では土のついた鉢植えが大量に販売されているのも特徴的です。

独立した園芸店の他に、ホームセンターでも大規模な園芸コーナーがあることも多いです。

野菜の苗が売っていることも多いので、野菜とお花を一緒に楽しみたい場合にもオススメ。

フラワープランターやジョウロ、スコップなど、園芸関連の道具が一通り揃います。

園芸店では度々セールも開催されるので、安く手に入るのが嬉しいポイント。

ガーデニングを始めてみたいという方は、ぜひ園芸店をチェックしてみて下さいね!

スーパーマーケット

スーパーマーケットの中にも、お花のコーナーが設置されていることが多いです。

仏花や花束、鉢植えまで1年中置いてあり、手頃な金額で購入できるのが魅力的。

母の日やクリスマスなど、季節のイベントがある際には、期間限定でコーナーが設置されていることも多いですよ。

店舗によっては、お花専門の店員さんが常駐していてフラワーアレンジメントを作ってくれることもあります。

また、スーパーマーケットなら、他の商品とまとめて一緒に会計ができるのも嬉しいポイント。

食品や日用品の買い物のついでにお花も購入できるのは、かなり魅力ですよね。

時間も有効活用できるので、仕事や家事が忙しくて時間がない方にもオススメです。

最寄りのスーパーマーケットを、一度チェックしてみて下さいね!

花市場

切り花や鉢物など観賞用の植物のことを花きと言い、花市場は花き市場(かきいちば)と呼ばれています。

花市場は、花き卸売業者が生産者や生産者の団体から販売や買い付けの委託を受け、仲卸業者や売買参加者に対し、卸売行為を行うために許可されている市場のことです。

花市場は全国各地で行われ、花の産地から様々な切り花や鉢物が入荷します。

生け花教室やフラワーアレンジメントデザイナーなど、お花に関わる仕事をしている方が利用するプロ向けの場所と言えます。

花市場によっては買出人章や売買参加権など必要な場合が多く、誰でも自由に入れるわけでもありません。

花市場では質の良いお花を安く購入できるので、将来お花の仕事に就きたいと思っている方は知識として覚えておくといいかもしれません。

農産物直売所や道の駅

農産物直売所や道の駅といえば、地元の農家の方が作った野菜や果物が販売されているイメージが強いですよね。

実は、切り花や花苗も一緒に販売されていることも多いのです。

農産物直売所や道の駅で販売されているお花は、花農家さんが直接販売されるため、新鮮なうえ低価格で購入することが可能です。

農産物直売所は全国各地にあるので、野菜や果物と一緒にお花を購入するのもオススメ。

生産者の顔が見られるのも特徴で、場所によっては生産者本人が販売していることもありますよ。

旅行や遠出した際に、知らない土地で購入するのも新しい発見があってオススメです。

オンラインフラワーショップ

ここまで様々なお花屋さんをご紹介してきました。

直接店員さんに質問をしたり、生でお花の状態を確認できる魅力がありますよね。

一方で、以下のような心配事もあるのではないでしょうか?

でも、お花を買うのは初めてだから、店員さんと顔を合わせて購入するのは緊張しちゃう

せっかくお花屋さんに出向いたのに、イメージ通りのお花が見つからなかったらどうしよう?

特に、個人経営のお花屋さんには一度店内に入ったら出づらいというデメリットもありますよね。

そこで、オススメしたいのはオンラインのフラワーショップです。

最近では、ネットで簡単にお花を注文でき自宅に配送してくれるオンラインのフラワーショップがたくさんありますよ。

オンラインのフラワーショップなら、用途や予算などが一目で把握できます。

お花の状態を直接確認できないのは不安

お花は、新鮮な状態できちんと配送されるの?

上記のような不安もあるかもしれませんが、クール便での対応があったり、専用のフラワーボックスに梱包されていたりします。

オンラインのフラワーショップなら、事前に利用者の口コミなどを見ることも可能です。

お花を初めて買う方には、オンラインのフラワーショップが特にオススメですので、検討してみて下さいね!

たとえば、ひとはなは、多種多様な植物を取り扱うオンラインストアです。

10,000を超える商品数は国内最大級で、幅広い商品カテゴリから選べるので、一度のぞいてみてくださいね。

国内最大級の品揃え

百貨店クオリティのお花をお手頃価格で!

用途別!あなたに合ったお花の購入場所

用途別!あなたに合ったお花の購入場所

お花を買う目的には、様々な種類がありますよね。

そこで、以下の4つの用途別に、それぞれに合ったお花の購入場所を解説していきます。

  • 記念日の贈り物としてお花を買うなら
  • 自宅の室内装飾用としてお花を買うなら
  • 仏壇へお供えするためにお花を買うなら
  • イベントの装飾用として買うなら

ぜひ参考にしてみて下さいね!

記念日の贈り物としてお花を買うなら

記念日の贈り物としてお花を買うなら、個人経営や駅チカのお花屋さんがオススメ。

店員さんにアドバイスをもらえるうえ、状態を確認できるのも嬉しいポイント。

また、オンラインのフラワーショップでも贈り物のお花を簡単にチェックできるのでオススメです。

さらに、フラワーギフトと言っても、生花以外にも以下のようなラインナップがあります。

  • プリザーブドフラワー
  • アートフラワー
  • ドライフラワー

花粉などのアレルギーに敏感な方や、ペットを飼っている場合は、生花をあまり喜ばない贈り相手もいるかもしれません。

そんな時は、生花ではなく造花をフラワーギフトとして贈るのもオススメです。

最近では、オシャレなインテリアとして楽しめる枯れないフラワーギフトもたくさんあります。

オンラインのフラワーショップなら、お花の種類ごとに簡単に検索できるのでより探しやすいのも魅力です。

以下の記事で、フラワーギフトのオススメの買い方や選び方を詳しく解説していますので、合わせて参考にしてみて下さいね!

自宅の室内装飾用としてお花を買うなら

自宅の室内装飾用としてお花を買うなら、近所のお花屋さんやスーパーマーケットで試しに花束を購入してみるのもオススメです。

プレゼント用に買うか迷っていた場合でも、一度自宅用に購入してみれば雰囲気もわかるはずです。

ガーベラやヒマワリ、アジサイなどは、1本を花瓶に挿して一輪挿しを楽しむのもオシャレですよ。

また、ネットのフラワーショップでも自宅用のお花を購入可能で、特にお花の定期便があるショップはオススメ。

お花の定期便は、週に1回または月に1回程のペースで自宅に配送してくれるサービスでボリュームによって料金が異なります。

季節ごとにオススメのお花のセットを選んで配送してくれるので、届いたらそのまま自宅に飾ることが可能です。

自分に合った選び方をまずは色々と試してみて下さいね!

hanataku-top

仏壇へお供えするためにお花を買うなら

仏壇へお供えするためのお花は、お花屋さんはもちろんスーパーマーケットや園芸店でも購入可能です。

以下のお花は仏壇へお供えするのに代表的で、季節を問わず手に入りやすいのも魅力です。

  • カーネーション
  • スプレーマム

お花のボリュームによりますが、上記の花束は安い種類だと300円程度から購入可能ですよ。

特にお彼岸やお盆の時期はラインナップが増え、スーパーマーケットでもお花の売り場を拡大することが多いのが特徴的。

実家の仏壇に飾る場合やお墓参りの際はすぐに飾ることが多いため、購入した状態のままでもいいでしょう。

一方、法要や故人の命日の際には、普段より豪華に飾るのも、故人の供養にもなり喜ばれるはず。

また、オンラインのフラワーショップでも仏花は購入可能です。

仏花にも、小ぶりのアレンジメントから花束、お供えやお悔やみ用の胡蝶蘭のスタンド花など豊富に選ぶことが可能です。

先にご紹介したお花の定期便の中には、仏花の定期便もあります。

以下の記事で、仏花が豊富な定期便やサブスクをご紹介しているので、合わせて参考にしてみて下さいね!

イベントの装飾用として買うなら

  • 結婚式
  • 入学式
  • 卒業式
  • 誕生日
  • 退職祝い
  • その他のパーティーなど

上記のようなイベントごとの装飾用のフラワーアレンジメントは、雰囲気や予算に合わせてお花屋さんで作ってもらうのが一般的です。

お花を買い慣れている方であれば、イメージや用途をスムーズに伝えられるかもしれません。

一方で、お花を初めて買う方の場合は、相場や種類がわからない状態で伝えるのが少し難しいですよね。

オンラインのフラワーショップであれば、お祝い用の花束やアレンジメント、スタンド花までラインナップを一目で確認することが可能ですよ。

はじめてお花を買う際のよくある疑問

はじめてお花を買う際のよくある疑問

はじめてお花を買う際に、よくある質問を2つご紹介します。

  • いくらくらいで買える?
  • どうやってお花の種類を選べばいい?

1つずつ解説しますので、参考にしてみて下さいね!

いくらくらいで買える?

切り花の場合は種類によっても異なりますが、1本200円〜500円程で購入可能です。

花束の場合は、3,000円以上であればボリュームのある仕上がりになるイメージです。

フラワーアレンジメントも3,000円〜5,000円程で豪華に仕上がりますよ。

花束もフラワーアレンジメントも、当然ながら高額にするほど豪華になりますが、まずは予算を決めてから探すのがオススメ。

オンラインのネットショップなら、予算別にボリュームや雰囲気を写真でチェックすることが可能なので、初心者にもオススメです。

どうやってお花の種類を選べばいい?

用途に合わせてお花の種類選びをすることが大切です。

たとえば、お葬式用や仏花として用いられる花として代表的な菊は、入院のお見舞いや退院祝いなどには不向きです。

他にも、椿やチューリップなどは、お花の頭が落下していく様子が、アジサイは枯れて色褪せていく様子が縁起が悪いとされています。

お花には、それぞれ個性があるだけでなくメッセージ性が強いのも特徴です。

お花を贈り物として選ぶ際には、お花のメッセージ性も考えることで心配りができ、オススメです。

お花屋さんの種類の中では、オンラインショップが特にオススメ!

お花屋さんの種類の中では、オンラインショップが特にオススメ!

今回は、お花の買い方がわからない方のために、お花屋さんの種類を中心に解説してきました。

お花屋さんの種類は、意外と多くあることを分かって頂けたのではないでしょうか。

また、お花を買う目的によってお花屋さんの選び方のポイントもありますよね。

一方で、今回ご紹介したオンラインフラワーショップであれば、どのような用途であっても気軽に探すことが可能ですよね。

予算や種類が一目でわかるのはもちろん、利用者の口コミをチェックできるのも嬉しいポイント。

お花を初めて買いたいと考えている方は、ぜひオンラインのフラワーショップで目的のお花を探してみてはいかがでしょうか?

今回の記事を、ぜひ参考にしてみて下さいね!

オススメのお花の定期便 No.1
  • 【全国対応】産地から2日で届く新鮮なお花を3コースから選べる
  • 月698円の低価格!「hanataku087」コード入力でさらに2割引き

▶︎公式サイトで届くお花を見てみる

オススメのお花の定期便 No.2
  • 【全国対応】花瓶いらずでそのまま飾れる唯一の定期便
  • 花農家の摘みたてのお花をアレンジメントにしてお届け

▶︎公式サイトで届くお花を見てみる

オススメのお花の定期便 No.3
  • 【全国対応】旬のお花が月825円で届く!
  • テレビCMも放映!10万世帯突破の定番サービス

▶︎公式サイトで届くお花を見てみる